ジャガード織り高級傘生地と、ベジタブルタンニンレザーの融合。

Knot待望の撥水ストラップは、日本の伝統技術による「2つの異素材」の融合で誕生しました。ジャガード織りの高級傘生地は、創業150年・皇室御用達の傘生地を作り続ける槙田商店(山梨県⻄桂町)によるもの。富士の天然水で染めた糸を丹念に織り上げた、艶やかな光沢が特⻑です。ストラップへと仕上げるのは、国内の大手ファッションブランドも認める 老舗・⻑沢ベルト工業(東京都葛飾区)。ベジタブルタンニンの栃木レザーと傘生地という、異素材の組み合わせは、ベルトひと筋の熟練技術なしには実現できませんでした。撥水という機能性だけでなく、素材の美しい融合で腕元を飾ること。「リストウェア」を追求するKnotの理念体現するアイテムが、また一つ生まれました。

MUSUBUプロジェクト

創業、慶応2年。150年にわたって美しい傘生地を織り続ける。
皇室御用達の傘屋「槙田商店」のジャガード織り傘生地。

“日本の傘の故郷”山梨県⻄桂町。古くから織物の産地として栄えてきたこの地を代表する傘屋・槙田商店。糸染めにまでこだわり、ジャガード織りによって生み出される傘生地は、もはや芸術品。品質と美しさが皇室に認められ、献上される傘にも使用されています。その傘生地が時計ストラップになるのは、槙田150年の歴史で初めてのことです。

富士の天然水で染めた糸が生み出す、
艶やかな光沢。

富士山がもたらす、冷たく透き通った豊富な天然水で染め上げた糸。硬い水質により染料が固着しやすく、ムラが出にくいため、発色はとても鮮やか。色とりどりの光沢は、織り上げることで一層美しさを増し、腕元を装います。

12,000本の縦糸と横糸が織りなす、
美しい文様。

色の異なる縦糸と横糸で自由自在に柄を描く、マキタオリジナルジャガード。髪の毛の細さほどの12,000本の糸を、フランス製の大判の織機で織り上げます。ジャガード織りならではの繊細な文様は、プリント柄では決して真似できません。

Maker's Watch Knot

MUSUBUプロジェクト

日本の大手ファッションブランドを手掛ける服飾ベルトのプロ。
ディテールの美しさに定評「長沢ベルト工業の職人技。

槙田商店の傘生地を用い、ベジタブルタンニンレザーと組み合わせて時計ストラップを仕上げるのは、東京葛飾の老舗・長沢ベルト工業。創業以来40年以上、ベルトひと筋で培ってきた職人技術は、日本の大手ブランドからも認められています。コバ(ストラップの側面)やステッチ、刻印など、ディテールの美しさは、装身具のプロならではのものです。

傘生地とレザー。
異素材の融合を実現した独自技術。

 傘生地をレザーに貼り付けた際にヨレや浮きが出るなど、異素材の接着は非常に困難。その解決のため、傘生地に芯を入れてからレザーに貼付するなど、1本のストラップを、17のパーツと16もの工程を重ねて作り上げます。しかもそのほとんどが、熟練職人の手作業です。

こだわりのコパ塗り、繊細な刻印。
ディテールの美しさを追求。

 “レザーの命”とも称されるコバ(側面)は、フノリを染み込ませたスポンジで手磨きしてから塗料を塗る手のかけよう。磨けば磨くほど美しくなる、ヌメ革の特色を活かした伝統技術です。裏に素押しされる刻印は繊細さを極め、何一つディテールに妥協はありません。
MATERIAL

防撥水加工技術

一般的にジャガード織りのように生地の表面に凹凸のある生地は加工が難しいとされています。
槙田商店で織られた生地に防撥水の加工を行うのが『新田整理』。槙田商店が50年前に傘生地の生産開始する際に、共同で事業を開始したパートナーでもあります。
生地に洗いをかけて撥水(水をはじかせる)、防水(生地への浸水を防ぐ)の2種の加工を施しています。ここも大量の水が使われ、富士の天然水で洗うことで生地の不純物を洗い流しています。

蝋引きの糸を使ったハンドステッチ

トンボ柄の採用

トンボは前に向かって飛び続けて後退しないことから、昔から縁起物として『勝ち虫』と呼ばれ戦国武将たちの甲冑などに使用されてきました。武田信玄などの武将が愛用していたところから山梨にはトンボのモチーフが多く残ります。
槙田商店の傘でも使用されているトンボ柄をKnotのストラップでも採用しました。

1枚革で作られているため、フィット感のある柔らかい付け心地を実現

ジャガード織り

槙田商店の最大の特徴ともいえるのが大判の生地が織れるフランス製の織機を使用。
ジャガード織りは経糸と横糸の組み合わせによって柄が表現されています。
髪の毛ほどの細さの経糸12,000本を機械にセットします。糸のセットはすべて職人さんの手作業によるもので、ここでの調整が生地を織る上で重要となります。

1枚革で作られているため、フィット感のある柔らかい付け心地を実現

イージーレバー

全てのベルトにイージーレバーが標準装備されています。Knotの時計本体全種類にワンタッチで取り付けが可能です。

イージーレバー
ITEM LINE-UP
MAKITA TRADITIONAL SHAPE

MAKITA TRADITIONAL SHAPE
5,000~(全6色)

トンボ柄は槙田商店さんのオリジナル傘でも採用されています。
山梨ではトンボのモチーフをよく目にしますが、実はトンボは前に向かってしか飛ばないため『勝ち虫』と呼ばれ、縁起担ぎを理由に武田信玄をはじめとする戦国武将が甲冑の内側に使っていた歴史があります。
槙田商店のある山梨を象徴するトンボモチーフが、今回のMUSUBU PROJECTのストーリーを表現するアイコンとなっています。

若竹(わかたけ) MAKITA TRADITIONAL SHAPE(バックルカラー:SILVER)

曙(あけぼの) MAKITA TRADITIONAL SHAPE(バックルカラー:SILVER)

藍(あい) MAKITA TRADITIONAL SHAPE(バックルカラー:SILVER)

紺(こん)MAKITA TRADITIONAL SHAPE(バックルカラー:SILVER)

銀(ぎん) MAKITA TRADITIONAL SHAPE(バックルカラー:SILVER)

墨(すみ) MAKITA TRADITIONAL SHAPE(バックルカラー:SILVER)

MAKITA NATO TYPE

MAKITA NATO TYPE
4,500~(全5色)

和を想起させるトンボ柄に対し、ブリティッシュな品格が漂う「ストライプ柄」。直線を活かした引き通しタイプのストラップです。スーツなど、ビジネスシーンの装いにオススメ。レザーの色も2色ご用意。カラフルでありながら、クラシックな趣きが特長です。

NAVY & YELLOW, NAVY MAKITA NATO TYPE(バックルカラー:SILVER)

BLACK & WHITE, BLACK MAKITA NATO TYPE(バックルカラー:SILVER)

BROWN & RED, BROWN MAKITA NATO TYPE(バックルカラー:SILVER)

GRAY & WHITE MAKITA NATO TYPE(バックルカラー:SILVER)

KHAKI & RED MAKITA NATO TYPE(バックルカラー:SILVER)

GREEN & PURPLE MAKITA NATO TYPE(バックルカラー:SILVER)

NAVY & YELLOW MAKITA NATO TYPE(バックルカラー:SILVER)

NAVY & RED MAKITA NATO TYPE(バックルカラー:SILVER)

MUSUBU TOP